まえたなのblog

主に観光関連,好きな本、自分の考えなどについて書きます

源平合戦が好きな人へのオススメな本

f:id:uzikihune2430:20200728023239j:image

源頼政木曽義仲 勝者になれなかった源氏について

 平安末期、保元の乱平治の乱源平合戦を経て鎌倉時代へと移り変わっていった。源平合戦での勝者となり鎌倉幕府を開いた源頼朝は源氏である。しかし源氏の一族がみな勝者となったわけではなく源頼政木曽義仲のように敗者となり滅んでいった源氏も存在する。その二人、源頼政木曽義仲らを中心に第一章保元・平治の乱へから第五章木曽義仲後白河院、そして源頼朝、そして終章残された人々を通して平安末期について書いている。 
第一章保元・平治の乱へでは保元・平治の乱を通しての、天皇家藤原氏平氏、源氏の権力闘争が書かれている。保元の乱での勝者となった信西入道が平治の乱で亡くなりその後二条天皇親政派と後白河院派との対立を書き二条天皇崩御六条天皇即位、後の高倉天皇立太子で締め第二章へとつなげている。この章で私が抱いた疑問点は、なぜ六条天皇の次を以仁王ではなくまだ幼い高倉天皇にしようとしたこと、またそれに伴っての以仁王に対しての待遇である。確かに後白河院から見た場合平氏との連携を強めるために平滋子の子供を天皇にしたっかたことは考えられる。しかし「八条院と接点をもった以仁王を警戒しなければならない存在となりつつあった」という本の記述から以仁王が警戒すべき対象になるのであれば間をつなぐ天皇または何らかの重要な地位に就かせ対立を回避させることができたのではないかという理由から疑問に感じた。
 第二章平清盛全盛期では高倉天皇の即位から始まる平清盛の一族の台頭から書かれている。そこから、平滋子の死により後白河院の寵姫が高階栄子となりそれにより高階泰経を中心とする新たな院の側近集団が形成され後白河院と清盛との関係が疎遠となり対立していく過程が書かれている。そして鹿ケ谷の陰謀、清盛のクーデターを経て清盛による権力の奪取、その後の安徳天皇即位で締められている。またこの章では八条院以仁王源頼政とのつながりや崇徳院の怨霊にも述べられてる。この章で私が抱いた疑問点は「鹿ケ谷事件は、後白河院延暦寺の大衆と平氏の軍勢を衝突させ、その隙をついて京都の街を武力制圧して平清盛を失脚させようとした事件である」という記述についてだ。なぜならこの本の記述にもあるが、後白河院天台座主明雲を解任したことから朝廷と延暦寺との関係は決して良いものではないため協力関係となるには無理があるからだ。また後白河院が計画したという点について指摘したい。後白河院が鹿ケ谷に行幸した際、藤原成親が酒の入った瓶子を袖で倒し「平氏倒れ候ぬ」とはしゃいでいる。そのようなことから後白河院がこの成親らの様子をみて本気で平氏打倒を計画したとは考えにくい。また成親らが流罪となっているのに清盛が後白河院に対して何もしていないということは後白河院が直接関わっている決定的なものがなっかたからであろう。治承三年のクーデターにより後白河院を清盛が幽閉していることから決定的な証拠があれば鹿ケ谷の陰謀の際に幽閉していてもおかしくはない。
 第三章以仁王の挙兵では安徳天皇即位に始まり、以仁王源頼政の挙兵を経て福原遷都、その後の頼朝挙兵で締められている。紀伊国での熊野新宮合戦時に湛増が福原の清盛に対して大戦の経緯と、その背後に源行家以仁王の陰謀があると報告したことが端を発し、以仁王がだんだんと清盛に追い込まれていき最後は挙兵して敗れ死んでいく過程が書かれている。また以仁王に味方するか追補使としての役割を果たすのかに苦悩した源頼政の立場も書かれている。ここで私が指摘したい点は頼政が苦悩したうえで五月二十二日未明に園城寺に入りその時反旗を翻したと説明している点だ。治承四年四月九日に以仁王源頼政が謀議のうえで、諸国の源氏と大寺社に平家追追の令旨を下していることから、ぎりぎりまで頼政以仁王に味方し平家に反旗を翻すことについて苦悩していたということはおかしい。以上のことから指摘したい。
 第四章木曽義仲の激闘では木曽義仲の挙兵に始まり、義仲の上野国の進出、横田河原の戦いを通して武家の棟梁と認められ勢力を拡大する過程が書かれている。またその後の俱利伽羅峠の戦い、平家都落ちを書きこの章を締めくくっている。この章で私が疑問に感じた点は、「養和元年の段階で、源頼朝の勢力圏は亡父義朝の時代よりも広くなっていた。ここで朝廷に帰順しても、頼朝にとって満足のいく結果ということができる。」という記述についてだ。なぜなら頼朝が挙兵した理由が平家討伐であり領地拡大が一番の理由ではないからだ。また平氏が都にいるこの時点で平氏と停戦し朝廷に帰順したとしても頼朝側のメリットは何もない。このことからとても満足のいく状況ではないといえる。また本書では、坂東で孤立した状態に頼朝がいたから後白河院からの接触に、積極的に受け入れる姿勢を示したとあるが朝廷における最高権力者である後白河院からの接触に応じないことは後白河院との関係を築けないどころか今後の関係を悪化させる可能性すらある。よって頼朝が後白河院接触したことは決して孤立したからではなく平氏と戦う上でまた平氏に代わり政権を取った後をみた場合後白河院と友好関係であることは最重要事項であるからだ。このことは、頼朝が頼朝に従い戦った御家人本領安堵により主従関係を築いたことから土地の支配に関しての任命権を持っている後白河院との関係がとても重要であるということがわかる。これらのことから上記にあげた二点に対して疑問を抱いた。 
 第五章木曽義仲後白河院、そして源頼朝では、朝廷での恩賞問題や皇位継承問題をめぐる後白河院木曽義仲との対立、その後の義仲の孤独になり滅んでいく過程が書かれている。 
最終章残された人々では、以仁王源頼政の子や見方であり生き延びた人々の人今後を書き締めている。

私の京都記6の前半天橋立遍

 f:id:uzikihune2430:20200707014542j:image

今日は久しぶりにバイトの休みを取った日曜日。白色のコートにいつものベージュのマフラーで準備は万端。朝8時に家を出て京都駅へ向け出発。33番線初の電車に乗り園部で乗り換え福知山へと向かう。今日の目的地は天橋立雪舟お金があればサンダーバードに乗ってみたいけど今日は節約。

 電車に揺られながら窓も外を見る。京都駅を出てすぐの保津峡周辺の景色は見逃せない。次は保津峡駅で降りてみようかな。電車に乗ること約2時間。福知山に到着。何気に遠い。さらにここから私の大好きな丹後鉄道に乗りさらに北へと向かう。昨夜雪が降ったみたいで沿線には雪景色が広がっている。私のイメージだけど丹後は晴れというより雪が似合ってるからなんだかうれしい。やっぱり冬が好きだなぁわたしは。

 さすが日本三景のひとつの天橋立。観光客がいっぱい。外国人の人もけっこういる。駅を降りて観光案内板を見ていく場所を考える。うーん。やっぱり最初は、天橋立ビューランドかな。歩いてすぐだし。よし行こう。その前にコンビニへ。飲み物となんか売ってたもちを買って元気満タン。 

 リフトとケーブルカーがあって私はリフトを選択。どんどん上がっていく。ちょっと怖い。けども眺めは最高で風も気持ちい。これが天橋立かー。雪をかぶった松の道はとても美しくすこし天気がくもりなのがまたとてもいい。いま雪が降ってないのがおしいな。シャッターを何度もきってこの絶景を記録する。後ろでは遊園地で遊ぶこどもたちの賑やかな声が聞こえる。わたしももっと幼かったら私もはしゃいで遊んだんだろうな。さすがにこの年では無理だな。まだ19だけど。

 帰りのリフトに乗り降りる頃にはちょうどお昼時。ランチはどこで食べようか。少し歩いてるとカフェが目に入ってきた。ここにしよう。ここがいい。ピンときたら迷わず決める。とても雰囲気がいい。メニューには、ハンバーガーなカレーやケーキそしてパフェなどがありどれも美味しそう。悩んだ末ハンバーガーと抹茶のケーキとコーヒーに決定。店内からは海と天橋立への橋が見え立地も完璧。とてもいいところを見つけたな。またお気に入りの場所がひとつ増えた。ハンバーガーも抹茶パフェもとても美味しくお腹いっぱい!

 よし次は船に乗って反対側からの天橋立の景色を見に行こうか。そして今日は丹後を満喫しよう。

 

私の京都記5 雨の産寧坂と二寧坂

f:id:uzikihune2430:20200619012131j:image

 雨の降る京都の街。雨には趣がある。それに私はショパンの雨だれの曲が好きだ。でもみんな言う。「あー今日もあめかー」や「雨が好きな人なんているんかな」とこんな声が聞こえてくる。でも私は雨が好き。

 雨が降り人通りが少なくなる日。私はカバンにカメラをいれ傘を差し外に出る。向かうは産寧坂。電車にゆられこの日は清水五条で降りる。駅を出てすぐの大通りを道なりに進んでいく。こんな雨の日でも街は賑わっている。五条坂を通りここは白糸町。とこ都古の前を過ぎるとゆば泉にへとたどり着く。今日のご飯はここ。私の大好物ゆば。とても楽しみ。いろいろなメニューの中から私は、特別御膳に決定。値段も1000円台で財布にも優しい。湯葉ご飯に赤出汁と相性抜群。めちゃくちゃうまい。幸せだ。さいごにわらびもちを食べ、ごちそうさま。店をでると雨は少し小降りになっていた。

 ようやく産寧坂に着きさっそくカメラを取り出す。そうこの雰囲気。私はこれを味わいにきたんだ。雨に濡れた地面に光が反射してオレンジ色が光輝く。まるで映画の世界。幻想的だ。少し歩くと道がわかれていてそこを右へと曲がると維新の道だが曲がらず二寧坂へ。今日は清水寺へは向かわない。この道沿いに並ぶひとつひとつのお店たち。まさに京都って感じだ。あっ。小さい猫の置物。可愛い。そして見える八坂の塔。パシャ。写真を撮る。ほんとに見どころ満載だな。ネットで調べた八坂の塔の撮影するベストスポット。やはり有名なだけあっていい写真が撮れる。でもー。私はさっきのとこのほうがオリジナリティがあってなんか好き。

 そのまま八坂通を抜け鴨川へ。そして電車に乗って帰宅。その頃にはすでに雨はやんでいた。

 

 

私の京都記4 京都国立博物館遍

f:id:uzikihune2430:20200610031119j:image
www.maetana.com

 まだ上の話を読んでない方はそちらからお読みください。続編となってます。

 誰かが描いた過去を歩んでいるのか、それとも誰かが描いた未来を歩んでいるのか分からない。京都の街並みを歩いているとそう感じてくる。平安からの長い歴史を記録してきた都。過去と未来が交差しているような世界。歴史を感じている時、なんとも言えない感覚になる。この瞬間がなんか好き。博物館が好きな理由もこれ。作品は過去の人がつくり、受け継がれてきたもので完全に歴史のなかのもの。しかしそれは現代の技術で守られ、ガラスケースに覆われている。まさに過去と現代の組み合わせがそこにある。過去とはなにか本当に実在するものなのかすら私にはわからない。

 今日、私は京都国立博物館に来ている。別になにかの特別展をしているわけではない。ただ歴史を感じにきたんだ。伝源頼朝肖像画興福寺曼荼羅図。そして 雪舟天橋立図。どこから書いたのだろうか。ここには行ってみたいな。そんなことを思いながら博物館の隅々を回った。きがつくともう3時間もたっていた。最後の展示を見てやっと退館。とっても充実した時間だった。

 外はとても冷え込んでいてすかさず自販機でコーンポタージュを購入。歩いて帰ろうか。ちょっと遠いけど。今日も紫色のそらの下、鴨川沿いを行く。

 実はわたし、学芸員の資格取得を目指しているんだ。それくらい博物館が好き。あれはそう。中学生の頃。たまたま父に連れられて訪れた博物館。そこで目にした美しい日本の美術品たち。それに感動しより多くの人にこの感動を届けたいのと守りたいと思い学芸員を志した。

 30分ほど歩くとようやく家に到着。あたりはすっかり暗くなり一日がおわりを迎えようとしていた。明日も大学だし早く寝ようか。輝く月明りが差し込む部屋で眠りについた。

赤壁の戦い1

 曹操袁紹を下した官渡の戦い。その後息子らを下し冀州を平定して残るは益州の劉章と江東の孫権荊州劉表のみ。幕僚の中には荊州を支配したのち腰を据えるべきという慎重派の意見と荊州を下したのちただちに南進すべきという主戦論。なににしろ荊州侵攻は絶対。曹操は天下統一を目前にして過去を思い返していた。洛陽にて袁紹らと志を語り合った日々。反董卓連合にて戦った日々。そこでの劉備孫堅らとの出会い。その後の袁術呂布袁紹劉備との戦いに明け暮れた日々。ここまで生き残ったのは自分と劉備孫権孫権孫堅の息子なので実際は自分と劉備のみ。今は劉表のもとに落ち延びて客将となってる。そのもとには関羽張飛趙雲等の天下無双の武将がいまだにいる。なぜ自分でなく劉備のもとになのかいつも疑問に思う。関羽を家臣にしようとしたが最後には恩をかえし去っていった。いままで殺し切れなかった。機会はいくらでもあった。後悔しても遅い。今回の戦いで決着をつける。総仕上げだ。

「幕僚を集めよ。軍議だ」

「明後日、荊州へと進軍を開始する。先方は曹仁。副将に于禁。2万5千の兵を率い新野を攻略せよ」軍議はこれだおわった。ついに天下統一にむけ動き出した。焦る必要はない。こちらには歴戦の将軍と精鋭がそろっている。陸上戦では天下一という自負がある。負けるはずがない。

2日後曹仁が出陣した。2後にしたのは荊州で雨が続き進軍が困難なためである。乾く時間を考慮するとこの日が最適なのだ。思考もできている。欠けているとしたら郭嘉。北方征討の際病で亡くなった。惜しい命だ。あまりにも早い死。天命だったのだそう思うことにした。過去を思うのはこれで最後。天下統一後でよい。月明かりの下眠りについた。

 

私の京都記3 建仁寺編

f:id:uzikihune2430:20200530174226j:image

 今日も青空の下、北風に吹かれながら鴨川沿いを歩いている。今朝届いたばかりのベージュ色のマフラーをして気分は最高。私のお気に入りだ。今日の目的地は建仁寺。今日の講義で習った風神雷神図屛風を見たくて居ても立っても居られなくなったのだ。できれば本物が見たかったがこの時期は展示していないらしい。又の機会のお楽しみ。いつもは電車を使ってため祇園四条までが遠く感じる。鴨川に並ぶカップルたちを横目に黙々と歩いてやっと四条大橋にたどり着いた。そこから歩くこと10数分後なんと私は迷った。建仁寺の入り口が見当たらない。どこ?どこ?さまよう。マップでは個々のはずなんだけどな。誰かに聞いてみようかな。あの人はーうーん。なんか恐そう。よしあの優しそうな人に聞いてみよう。

 「あのー。すみません。建仁寺の入り口はどこですか」

 「あそこを右に曲がってまっすぐです」

 「ありがとうございます!」

見た目通りの優しい声で答えてくれたおかげで私はやっと建仁寺に入ることができた。入ってみると様々な作品があり見入った。これらが全部レプリカだなんてほんとにすごい。そして待ちに待った風神雷神図屛風。これはいったいどのような場面なのだろうか。風神様と雷神様の戦い?それともはじめましての場面?それにしても風神雷神を想像してここまでかけた俵屋宗達はすごいなーと思いながら10分近く眺めていた。その後他の展示物も見て建仁寺を後にした。

バイトまで2時間くらいあるので目に入ったカフェで大好きなパンケーキとカフェモカを飲み時間をつぶす。幸せな時間。またいいカフェ見つけたな。こういう何気ない発見をするのが好き。普段からカフェ巡りをしているがこのパンケーキはまさに絶品。またこよう。歩いて帰るとバイトに遅れてしまうので電車に乗りバイト先に向かう。よし今日もバイト頑張ろう・

 

私の京都記2 大学編

 ピーピーピーピー目覚ましの音で目が覚めた。昨日は大学のレポートをして夜更かしをしたためまだ眠たい。でも一限があるため仕方なく起きて顔を洗い準備を始める。ここで簡単に自己紹介をしようと思う。私は京都市内の大学に通う一般の大学生。専攻は日本文化。いわゆる歴女なのだ。家では歴史系の本や漫画を読み気が向いたら出歩くを繰り返す毎日。今日もバスにゆられながら本を読み大学へと向かっている。

 一限目は私のもっとも興味のある歴史の講義。いつも座る前から2番目の席につき課題の確認をして大学の一日が始まる。二限は空きコマのため図書室で読みかけの歴史小説を読む。今ハマってるのは源氏物語光源氏、頭中将みたいな完璧な男性にあこがれを抱きながら読み進める。空蝉の章を読み終え食堂へ向かい軽く昼食をとる。その後三限を受け帰宅。これが月曜日のルーティン。お気づきだろうか私が誰とも会話していないことに。そう私はぼっち大学生なのだ。中高女子校だったため男子の多い学部だと最初の時期に話しかけることができなかったのだ。また地方から出てきたため都会ののりが苦手なのだ。そんなこともあり大学では講義を受け図書館へ通う毎日。でも最近は博物館とかに一緒に行く友達は欲しいなと思い始めてきた。あと気になっている男子が一人いる。一限のとき毎回私の前の列でまじめに講義を受けてる人。なにかきっかけでもあればなー。そんなことを考えながら大学をあとにした。

 三限までの月曜日は歩いて家へ帰る。いつもは鴨川沿いを歩いて帰るが今日は御所方面へ。私は今まで京都御所の行ったことがない。だから楽しみにしていた。なのに…なんと月曜は定休日。私としたことが調べていなかった。残念。しょうがないのでいつも通り烏丸通を左に曲がり寺町通をつっきり鴨川沿いへ。途中かったもちを食べながら家に帰った。明後日は絶対御所へ行こう。

もしよければ前回のも

 

www.maetana.com