まえたなのblog

主に観光関連,好きな本、自分の考えなどについて書きます

諏訪の名物 味噌天丼

f:id:uzikihune2430:20200229013720j:image

れすとらん割烹いずみ屋
〒392-0004 長野県諏訪市諏訪1-2-4
2,000円(平均)1,000円(ランチ平均)

長野県諏訪市に訪れた際に夕食を食べた味噌天丼屋。いずみ屋。ゲストハウスの人にオススメされた。諏訪市の名物料理らしい。上諏訪駅から徒歩ですぐなためアクセスはとてもよい。混んでいる割に待ち時間はあまり無く、味は甘い味噌たれでとても美味しい!諏訪市に訪れた際には是非食べてみることがオススメ!

また諏訪市には500円くらいで入れる格安温泉♨️や君の名はの聖地のひとつ諏訪湖。そして諏訪大社など観光名所がたくさんある。長野旅行の際にとてもオススメの観光地だ。

 

元伊勢天岩戸神社

f:id:uzikihune2430:20200226200349j:image 

天岩戸神社⛩ 

祭神は櫛御毛奴命(くしみけぬのみこと)元伊勢三社のひとつ。

 

アクセス

f:id:uzikihune2430:20200226201010j:image

京都駅から福知山駅へ 丹後鉄道に乗り換えて大江口内宮で下車 徒歩20分程度 元伊勢神社からすぐなため皇大神社天岩戸神社がオススメ!

f:id:uzikihune2430:20200226200357j:image

元伊勢神社を参拝した後天岩戸神社へと向かった。福知山駅からの始発で来たため霧がとても濃く人も私以外誰もいなかった。無人の写真好きな私からするととてもよい環境。
f:id:uzikihune2430:20200226200343j:imagef:id:uzikihune2430:20200226200400j:image

元伊勢神社から天岩戸神社への道は一歩道となっていでさらに道案内の標識もあるので迷うこはない
f:id:uzikihune2430:20200226200339j:image

この階段を降りたら天岩戸神社がある。
f:id:uzikihune2430:20200226200353j:image

参拝のためには鎖を使い岩を登ることもできたが、とても寒く手が悴んでいて鎖を持ちたくなかったため今回はやめておいた。

やはり天岩戸神社にも誰1人としいなかった。普段からあまり人が来ないのか、始発で来たためいないのかわからない。だがとりあえず始発で朝早く来れば誰もいない空間を堪能できるだろう。しかし早すぎると受付も閉まっているため考えどころ。

f:id:uzikihune2430:20200226201334j:image

ここには「御坐石」や「神楽岩」などの岩がある。

また天岩戸神社から川が流れていた。
f:id:uzikihune2430:20200226201331j:image
f:id:uzikihune2430:20200226200346j:image

f:id:uzikihune2430:20200226200403j:image

この道を道なりに進んでいくと元伊勢神社の入り口まで戻ることができ大江口内宮駅へ。そして天橋立へと向かった。天岩戸神社は歴史が古くとても雰囲気もよい神社だ。神社好き、歴史好きな人にはとてもオススメ!また他の元伊勢三社の皇大神社豊受大神社にも是非!

また今回の私の丹後旅行のルートもオススメだ。福知山駅→大江口内宮駅→皇神神社→天岩戸神社→大江口内宮駅→天橋立駅天橋立天橋立駅→由来駅→由来川→由来駅→福知山駅のルートだ。回らない観光地もあるが日帰り丹後旅行にはオススメ!

 

日本三大車窓 姨捨駅

f:id:uzikihune2430:20200202025815j:image
f:id:uzikihune2430:20200202025754j:image          スイッチバックすことでも有名な姨捨駅。

そのため鉄道好きにも人気がある。

アクセスは篠ノ井線姨捨駅にて下車。

篠ノ井線とは松本駅から篠ノ井駅までの区間

私は今回上諏訪駅から名古屋駅への帰りの道で立ち寄った。

f:id:uzikihune2430:20200202025759j:image

 姨捨駅からの長めはとてもよく写真撮影等のためになんと5分以上も停車してくれる。そのため充分に景色を堪能して写真を撮る事が可能。次の電車を待つのもよいがその場合1時間以上かかってしまうこともあるので注意!
f:id:uzikihune2430:20200202025809j:image

 このように駅からの眺めはとてもよい。夜景も綺麗だそうなので時間に余裕がある際に夜景も見に訪れたい。

ほんとに綺麗で絶対に写真で見るより生で見たほうが良いので一度皆さんにも見て欲しい! f:id:uzikihune2430:20200202025803j:image

 このように下にも線路があり鉄道の撮影スポット!篠ノ井線は珍しい機関車や電車が来ることもあるそう!例としてはEF66の4重連カシオペア紀行のツアーの際カシオペアも通ったらしい。

f:id:uzikihune2430:20200202025757j:image
f:id:uzikihune2430:20200202025812j:imagef:id:uzikihune2430:20200202025807j:image

 また姨捨山の話はこの地域のことらしく駅舎に細かい説明書きがある。今回はすぐ電車が出発することもあり見れてないがまたの機会にこの地域も探索してみたい。

 あと他の日本三代車窓と呼ばれる場所にも訪れてみたいと思う。 

 他にも姨捨以外に信濃方面の鉄道の沿線には絶景スポットが多く電車からの眺めもとてもよいため電車好きの方も写真好きな方も足を運んでみて決して後悔することのない路線だ。是非一度訪れて堪能してもらえたらたら思う。

 

 

奈良井宿 江戸時代 中山道の街並み

f:id:uzikihune2430:20200123170738j:image

f:id:uzikihune2430:20200108120505j:image

長野県から名古屋駅へと向かう中央線の途中駅である奈良井駅下車して行くことができる。 

江戸時代の古い町並みが残っている。中山道の途中の道。

f:id:uzikihune2430:20200108120523j:image
f:id:uzikihune2430:20200108120452j:image

奈良井に訪れた際にとてもおすすめなお店

松屋
f:id:uzikihune2430:20200108120509j:image 

特におすすめなのはこのぜんざい 

なんとうつわは江戸時代のものだとか 

とても寒かったこともあり暖かいお茶と温かいぜんざいそしてストーブによりとても良い時間を過ごすことができた!
f:id:uzikihune2430:20200108120459j:image
f:id:uzikihune2430:20200108120515j:image

このようにお店の中の雰囲気もレトロな感じがとても良い。写真撮影も自由なため、私以外のお客もたくさん撮っていた。
f:id:uzikihune2430:20200108120539j:image 

f:id:uzikihune2430:20200123165817j:image

個人的にこの自動販売機にはとても驚いた。なぜならお酒を販売しときながら年齢確認システムを搭載していなかったからである。流石に買うことはしなかったがとても珍しいものを見たような気がした。
f:id:uzikihune2430:20200108120526j:image

この山を見渡すことのできる眺めがなんともよい。
f:id:uzikihune2430:20200108120512j:image

f:id:uzikihune2430:20200123170020j:image
f:id:uzikihune2430:20200123170013j:image
f:id:uzikihune2430:20200123170017j:image

このような店前の置物などがとても可愛らしく何回も立ち止まり写真を撮り歩いた。ふくろう🦉ほんとに可愛い!
f:id:uzikihune2430:20200108120456j:image

神社もありお参りした。
f:id:uzikihune2430:20200108120529j:image
f:id:uzikihune2430:20200108120533j:image

線路の下のとても低いトンネルをくぐっていくとカフェがある。

f:id:uzikihune2430:20200123165127j:image
f:id:uzikihune2430:20200123165130j:image 

なんでも100年前の『ライスカレー』を食べることのできる唯一のカフェだそう。今回は諸事情で行くことはなかったがもし次来ることがあれば訪れてみたい。

そこからすぐのところに木曽大橋がある!

あまり観光客がいなかったが奈良井の観光スポットの1つ!
f:id:uzikihune2430:20200108120503j:image
f:id:uzikihune2430:20200108120535j:image

橋の上からは木曽川と山々を眺めることができる 川好きな私からしたらとても好きな風景!

奈良井に訪れた際には是非立ち寄ることをお勧めする。
f:id:uzikihune2430:20200108120519j:image

奈良井には宿泊施設もあるらしく長野旅行の際には宿泊する一つの候補にしてみるのも良いかもしれない。  

 奈良井駅には止まる電車が少なく下車せてから次の電車まで1時間30分以上ありそれを逃すとさらに1時間30分待ちなんてこともある。しかし自分で歩いてみたところ1時間30分で十分に回ることができ食事をしたりお土産を買うと丁度よい時間だなと感じた。

 長野方面の中央線の沿線には目覚の床や妻籠宿など様々な観光名所がある。それらを巡る際や長野方面へ向かう際には是非奈良井宿へ!

 

大江にある元伊勢神社

f:id:uzikihune2430:20200117012501j:image

この記事を読んでくださっている皆さんは元伊勢神社へと行ったことはありますか?私の予想だと読んでくれた方の7、8割程度の人は行ったことがないと思います。そんな人には是非京都への旅行の際訪れてもらいたい場所です!

元伊勢とは

伊勢神宮が今の場所に定まるまでに遷座した時に各地に分祀して残され一時的に天照大御神が鎮座していた場所。

アクセス

丹後鉄道の大江山口内宮駅から徒歩約15分程度

京都駅からの場合

京都駅→福知山駅大江山口内宮駅
f:id:uzikihune2430:20200114113046j:image

早朝の福知山はとても霧が濃く驚いた。この日に大江山に登っていたらとても綺麗な雲海が見れていたことだろう。しかし地元の人曰く大江山の雲海は福知山から電車を利用した場合は大江山に着くのが雲海が見ることのできる時間を過ぎてしまうため無理とのこと。最寄駅付近で泊まるまたは自家用車でしかいけないらしい。
f:id:uzikihune2430:20200114113120j:image

f:id:uzikihune2430:20200114113140j:image 

大江口内宮駅は無人駅でこの時間に降りるのは私だけだった。

f:id:uzikihune2430:20200114113130j:image

大江の街は鬼👹酒呑童子がいたという逸話から鬼のPRがあちこちに

f:id:uzikihune2430:20200114204119j:image

こんなところにも鬼
f:id:uzikihune2430:20200114113114j:image

歩いて元伊勢神社へ
f:id:uzikihune2430:20200114113148j:image

いい感じに霧が出ていてとてもよい雰囲気の時間に行くことができた気がする。
f:id:uzikihune2430:20200114113108j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113126j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113055j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113146j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113155j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113123j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113152j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113202j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113103j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113111j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113052j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113105j:image
f:id:uzikihune2430:20200114113118j:image

この神社の神主さんが話してくれたことによると上の写真にあるいくつもの全国の神社の祠は全国の一宮を集結させているものだとのこと。

またや推定樹齢2000年の御神木「龍灯の杉」が現存しているとのこと。
f:id:uzikihune2430:20200114113143j:image

f:id:uzikihune2430:20200115093420j:image
f:id:uzikihune2430:20200115093417j:image

せっかくなので御朱印帳と御朱印をいただくことにした。
f:id:uzikihune2430:20200114113158j:image 

この後直ぐ近くにある天岩戸神社へ向かった。f:id:uzikihune2430:20200114113050j:image 

その道の途中山の中になんと野生の鹿がいた!

f:id:uzikihune2430:20200114113134j:image

上の2枚はお気に入りの2枚!やはり朝早い時間に行き他に誰もいない空間で写真撮ることができとてもよい。特にこのような場所は早朝に来てほんとによかったと思う。
f:id:uzikihune2430:20200114113137j:image

このまま天岩戸神社へ続く道を行った。

天岩戸神社についてはまた次の記事で。 

京都の秘境駅!

f:id:uzikihune2430:20200109090710j:image

京都駅から嵐山方面へ向かう際の駅保津峡駅は京都にある秘境駅🚉駅からの眺めは絶景でありトロッコの線路も見える為とてもよい写真を撮れるおすすめのスポットだ。

アクセス

京都駅から福知山方面へ約20分保津峡駅で下車f:id:uzikihune2430:20200109090712j:image

こちら方面の観光客の多くは嵯峨嵐山駅で降りる人がとても多い。私も今までは嵯峨嵐山駅で降りていた為この保津峡駅を知らなかった。

保津峡駅を知るきっかけとなったのは天橋立へ行く為福知山へ向かった時。外を見てるととても良い景色が見えてきてずっと眺めているときに駅があることを知り即調べた。その時は降りることができなかったため今回初めて訪れた。

以前の私のように知っている人が少ないからかこの駅でおりる人はとても少ない。

f:id:uzikihune2430:20200109090706j:imagef:id:uzikihune2430:20200109090718j:image

この駅はトンネルの間にあり山の中。

ひとつ注意が必要なことはこの駅に止まる電車と止まらない電車があるということ。特急じゃない快速も止まらないことがあるのでそこの点については注意が必要!

f:id:uzikihune2430:20200109093230j:image

この景色は福知山方面のホームから見ることができる。

f:id:uzikihune2430:20200109090715j:image

この景色は京都方面のホームから見ることができる。 

この駅から歩いてトロッコ保津峡駅へ向かいトロッコに乗ることができるため嵐山観光へのアクセスも悪くはない。そのため嵐山へ行く際には少し長く電車にのって保津峡駅で下車することをお勧めしたい。

今回は残念ながらトロッコが運行してなかったためトロッコの写真は撮ることができなかった。なので次は新緑の美しい時期または紅葉の時期に訪れてトロッコを含めた写真を撮影しようと思う。

ちなみに嵐山トロッコの運行時期などの情報については

ことサイトでトロッコ列車 | 嵯峨野観光鉄道

まとめ

保津峡駅は京都における秘境駅

嵐山観光の際は京都駅→保津峡駅トロッコ保津峡駅トロッコ嵐山駅というルートがおすすめ!

最後までお読みくださりありがとうございます😊

丹後の名所 由良川高梁

f:id:uzikihune2430:20191225111224j:image 

f:id:uzikihune2430:20191225111431j:image

天橋立観光が終わり天橋立駅から丹後由良駅

丹後由良駅は建物雰囲気が良い駅で食事もできそこの店員もとても良い人だった。パンを食べてよくテレビや観光関連の本などに載ってる有名な撮影スポット由良川高梁へ!
f:id:uzikihune2430:20191225111428j:image

駅を出てすぐ右へまっすぐ行くと橋がみえてくるこの道の途中にたまたま同じ撮影スポットへと向かう男性に話しかけられて一緒に行くことになった。1人旅出てだったのでなんか嬉しかった。しかもその人は丹後鉄道の時刻表を持っていたためとても助かった。
f:id:uzikihune2430:20191225111217j:image f:id:uzikihune2430:20191225111213j:image f:id:uzikihune2430:20200108094146j:image

たどり着いたら電車が来るのを待つことに。

2.30分に2本というペースなので待ち時間が長く撮影チャンスもなかなか少なかった。

橋の反対側には踏切がありそれが鳴るとそろそろ来るという合図 

しかしすぐ来るというわけでなく丹後金崎駅に停車してから来るため数分してから来るf:id:uzikihune2430:20191225111424j:image 

撮影したらこんな感じ。これは丹後鉄道赤松号。他に黒松号も青松号も見ることができた。

今回残念ながら天気に恵まれなかったので次は夏のよく晴れた日に来たいと思う。こんな感じで1時間半くらいこの場所にいた。幸い話し相手ができたので今日どこをみて回ったのかや好きな観光スポットなどについて話した。その後福知山駅まで一緒に戻った。このように今後も旅先で誰かと楽しめたらなと思う。